浮気性スレンダーアラフォー人妻は最高にスケベだった

「人妻熟女とデートしたい!!」

出会い系熟女サイトで人妻熟女とお近づきにはなれていますが、まだHには至らないフリーター男です。人妻熟女が好きな理由は、とても優しいからです。あとは… チャンスがありそうかな(笑) という点です。

どの出会い系熟女サイトにも人妻熟女は多く登録されているようですが、自分は基本的に「PC-MAX」にお世話になっております。女性は基本無料で出会い掲示板を利用できるから、女子が多いという評判です。

登録後に年齢確認を行うだけで50ポイントが追加されます

このポイントだけでも充分人妻熟女と知り合うキッカケは得られますよ。定期的なメール配信にポイントがついてくるので、これも利用させてもらってます。

 

 

「しっかり登録して、行動開始!! 」

自分の場合、以前も今も写メは嘘いつわりなく載せています。自分はあまりルックスが良くない(少しデブ!!)のですが、それでも決して嘘写メは載せません。今回、結果的にこれが功を奏することにはなりました。

自己PRなんかも誠実にしっかりと書いてますよ。動機は不純でも何でも、とにかくまずは誠心誠意にしましょう。自分はハッキリと、年上の女性が好きですと明記してます。理由としてはこれ本心ですが「大人のお洒落感覚があるから」とか、「年上の可愛さを感じるから」とか、書いてます。

 

早速、反応がありました。おっと熟女から来るわ来るわ!! 嬉しいです。

自分は他にもアダルト掲示板にも書き込していまして、そこを見てもらって、自分のプロフに来てくれたようですね。宣言してしまっていますから、単に年上というだけでなく、人妻熟女に絞りました。それでも8人もおりますよ!!

自分の場合、ここからがいつも問題です(笑)  ライン友というのであれば、仲良くはなれるんです。しかしデートに漕ぎ着けられない(泣)

ラインID交換して、ここからはPCMAXとはお別れ。お世話になりました!!
個別トークであとはマメに交信します。ここで更に絞って、目出し写メを送ってきてくれた熟女数人に絞りました。そしてその中から更に、好みのタイプに。

ということで、絞ってアタックかけていく女性は人妻熟女ミホさんにしました。彼女45歳だけど、とてもそんなふうには見えない。若々しい。

今回こそ絶対デートだぞ! ではありますが、メール交換は細心の注意を。言葉づかいは丁寧に。出過ぎた質問は決してせずに、年下に徹しました。

 

そうすると… 熟女さんから「友達言葉でいいよ♡」と来ました。
というわけで大成功! ここからは、少し男っぽいことも書いたりしますが、だらしない部分も残しつつ、頼れる部分もチラ見させます。

熟女とデートに持ち込むには、とにかく甘えることが一番いいかなと思いまして、買い物に付き合ってもらうーとか、観たい女性向け映画があるけど、男一人だと恥ずかしいーとか、助けを求めるようなカタチがいいかなと思いますし、自分もそうして、熟女さんとのデートを取り着けました!    ヨッシャア!!!
職場の上司が女性なのだが、今度目出度くご結婚となり、ささやかなお祝いを買いたいので、一緒に選んでくれないかな…と持ちかけたら、即OKでした。

それどころか、なんか嬉しそうな反応でした!!

 

「いよいよ人妻熟女と初デート!!」

待ち合わせ場所に来たミホさんは写メで見た感じよりも遥かに可愛らしい。顔は想像していた以上に綺麗! そしてお洒落なカフェでお茶を。この時間は大切だと思ってます。ゆったりじっくり会話を!    熟女ネタは充分に仕込んでありますから、大丈夫!!

ミホさんは、子供がなくて、旦那と二人きり。最近ダンナもめっきり老けてしまい退屈だと愚痴ってました。

さて充分に話したところで買い物へ。なんか弟のように面倒を見てくれるミホさん。心地いいです。二人で顔見て笑う間柄まで来ました。この親近感はカフェでの会話の賜物です。

o0480064012154189043
買い物終わって、お腹空いてない?と聞かれ、御馳走してあげる!と熟女さん。
ミホさん、実は車で来ていたので、ドライブデートに切り替えて、ディナーへ。熟女の行きつけの鉄板焼屋へ入りました。

たらふく食べて、少しだけお酒飲んで、そして送ってあげようか?と熟女。

車で少し走ってから、まだ早いんでドライブしませんか?と誘うと、大賛成してくれた彼女。彼女自身もそう思っていたとのこと。ドライブして、湖や夜の公園を散歩して、何処かのレストラン寄って休憩してを繰返し、さあ、じゃあ送るね...となった時、「もっと一緒にいたいです」と切り出してみた。車を停めて、「こんなオバさんと一緒に居て楽しい??」と聞くミホさん。

「ミホさんだから一緒にいたいんです」とボソッと言うと、彼女は微笑んで暫く走ったところの国道沿いのラブホのパーキングに、キキキキッと車を入れた。

 

「人妻熟女と初ラブホ!!   ドキドキ~~」

パーキングで車を停め、ハンドルに手をかけたまま...「休むだけね。もう遅いし」と言う彼女。とにかく中へ入ろうとなって部屋へチェックイン。

初めて人妻熟女とラブホに入れた!!  ドキドキします。

でも、ベッドに横になっての休憩時間が長く続いた。その間も楽しい会話は続く。このままチェックアウトなのかな…と、諦めかけていたその時、ミホさんがピタッと寄り添ってきた。我慢しきれなかった僕はミホさんに抱きつき、Hはスタートしてしまったのでした!!

「経験はあるほうなの? 」と聞いてきたので、「ほとんどないです…」と嘘をついた。風俗経験は結構あったのですが、ここは可愛いフリに徹しました。

ニコッと笑って、彼女はまるで僕に教えてくれるように、服を脱がしてくれて、自分も脱いで、僕の肉棒を優しく握ってシゴく。そこからはもう普通の恋人同士となって愛し合った。
何回射精させられたか忘れてしまうくらいに、腰が抜けてしまうほど朝までヤリまくり、陽が昇ってからラブホを出て車で送ってくれた。

131209-5 2
「ご主人、大丈夫?」と社交辞令として聞くと、「今、海外赴任なの。フフフフ」と笑う。
早く言えっつーの!!    ヤラれた、一本とられた感じ。。。。

よし、早いうちに今度は彼女の家に上がり込んでHするぞ!!

■PCMAX■

 

 

 

 

「熟女と出会える」オススメサイト

PC☆MAX 201401261337537215

ハッピーメール 201109221706031702

ワクワクメール 201111241129548972

美熟女の多い出会い系ランキング 201111241129548972
サブコンテンツ

このページの先頭へ